八高線

八高線は八王子〜高崎間を結ぶ96.4Kmの路線で、
朱色をしたキハ30 35と白いキハ38が走ってました。
しかし1996年4月に八王子〜高麗川間が電化され、
電化の際車両も当然ながら置き換えられることになりました。
電化区間には、新鋭の209系と103系が、非電化区間には
やはり新鋭の、キハ110気動車が投入されました。
その結果、キハ30 35 38消えゆくことになりました。
写真は電化前の消えゆくキハ30 35 38を撮影しました。

また八高線には、DD51重連による貨物列車も走ってましたが、
1999年に残念ながら廃止されてしまいました。
併せてDD51重連による貨物列車も撮影しました。


キハ 30 35 38

DD51貨物列車

戻る